このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちについて

About us
私たちについて
環境問題と取り組んで60年。 日本を超え、世界で求められる企業にまで成長しました。

環境問題と取り組んで60年。 日本を超え、世界で求められる企業にまで成長しました。

私たち大成管理開発の創業は1967年。福岡市の行政ニーズに応える形で、「焼却灰の運搬」と「最終処分場の維持管理」を始めました。今でこそ誰もが語る[環境問題]ですが、私たちはその言葉が一般化する以前から、身を挺して環境と向き合ってきました。
長きにわたって蓄積し磨き抜いてきたノウハウにより、福岡市はもとより日本各地、さらには東南アジアにいたるまで支援を実施。近年ではJICAなど国際協力機関からも協業を依頼されるほどであり、[環境修復企業としての大成管理開発]は、世界で認知され始めていると言えるのです。
新技術の開発・導入は、大成管理開発の本質。 次世代の芽を、常に探しています。

新技術の開発・導入は、大成管理開発の本質。 次世代の芽を、常に探しています。

固定化された領域に、新しいノウハウを盛り込む。あるいは、日本や世界の流れを見すえ、新しく事業化を試みる。そのどちらも、大成管理開発が得意とするスタイルです。前者の象徴としてはビルメンテナンス事業が挙げられ、「専用の用具を開発する」「正規雇用の人材だけで取り組む」など、他社との明確な差別化を実現しています。またリノベーション領域ではスウェーデンの技術をいち早く導入し、九州地区でも希少な事業を展開。さらにTKKエンジニアリングでは、顧客と共に新技術を開発するなど、大成管理開発グループの研究所的な位置づけで稼働しています。

技術、歴史、そして挑戦。 よく聞く言葉ですが、私たちは実行力が違います。

大成管理開発を語る上で、3つの重要なキーワードがあります。
まず「技術」です。大成管理開発では全事業部に共通して、社員一人ひとりが工夫を重ね、培ってきた「名も無い技術」によって成果を生み出しています。これはノウハウの属人化などではなく、自分の価値を最大化する志向が、一人ひとりに徹底しているとご理解ください。こうした現状から、大成管理開発は「技術の会社」であると、自信を持って言い切れます。
次に「歴史」です。企業の99%以上が創業30年で消えていく中で、創業60周年を迎えるという事実は私たちの誇りであり、社会と共に活動してきた何よりの証明です。既存の事業を深めていくと並行して、新規事業を開拓していく。この両輪を機能させることによる経営の持続性は、私たちの最大の特長です。
最後に「挑戦」です。大成管理開発にとって、挑戦は日常業務に浸透しているテーマであり、肩に力を入れた行動規範とは異なります。できないことがあれば、現時点をスタートとして、できるようにすればいい。そんな日々の思考と行動が、結果として挑戦に結びついている。だからこそお客様に支持され、世界から声がかかる大成管理開発が成立しているのです。

募集一覧

Jobs